森林のお寺、仏教とヒンドゥー教寺院、仏像のお顔上から木の根っこが合体するとこ。

小回りコース&大回りコース、朝日~夕日まで(5時~19時頃)

※こちらのお勧めプランが少し急ぎお寺を回りするけど、色んな世界遺産へ行ける。全ては世界遺産アンコール遺跡群のインスタ映え巡り!

※アンコール・ワットで朝日を見学しながら、そのままでアンコールワット巡りします。(5時~8時頃まで)

※アンコール・ワットの塔から見える地元のレストランで朝食をご紹介、ホテルからのお弁当ご用意した観光客でもあちらのレストランで食べている。何ぜ?遺跡の中までにお食べ物をもって入りません~。

※衛生良いなレストラン、美味しいし、お手洗いもキレイ、安いし、朝食はお1人様でやく5ドル~7ドルまで、飲み物のみ…(8時20分~9時頃)

※アンコール・トムの【南大門、バイヨン寺院のクメールの微笑みや、お釈迦様のお顔&アンコール王朝の日常生活や、インスタ映えポイント。バプーオン寺院はアンコールトムの中で一番高さが高くて、絶景スポットが良いな世界、象のテラス】など…(9時~11時頃まで)

※タプローム遺跡は1186年、ジャヤバルマン7世がお母さんの菩提を弔うために建立して、お母さんをハンニャーハラミッタの姿に彫った象をおんちしたと言われいます。ガジュマル木もいっぱ。(11時20分~12時20分頃)

※タプローム遺跡周辺でローカルのレストランでご紹介、美味しいし、人気、衛生良い、王様の信用沐浴池も見えるとこ…(12時30分~13時30分頃)

※午後はプレループ遺跡、アンコールワットより古い世界遺産、焼きレンガから建立された。死者を焼いただびにふしたと言われています。(13時40分~14時頃まで)

※東メボン遺跡はアンコール王朝の東バライの人工島の中心にあったヒンドゥー教徒、人気なところは象さんの像です。(14時10分~15時頃)

※ニャックポアン遺跡はアンコール王朝の教員だった、五つの人工池があって、これは五つ【陰陽五行説】の要素を表します。(15時10分~15時50分頃)

※プリアカーン遺跡は仏教とヒンドゥー教徒寺院、大きな建築、少しく壊れているけど、見学ポイントが沢山あり、ガジュマル木や、彫刻が細かいや、戦争の歴史文化や、アンコール王朝の二回建築など(16時~16時40分頃)

※ラストはアンコール遺跡群の一番古い世界遺産、プノンバケン丘のてっぺんからのバケン遺跡での夕日お勧めコース。(17時~19時まで)

※こちらのお勧めプランは少しく急ぎ遺跡を回り、お年寄りの方は少しく大変けど、全てのアンコール遺跡群の人気な場所へ行ける。

<料金>
お1人様:140ドル お二人様:1人70ドル 3人以上:1人50ドル
※ツアー催行中のお水はご用意しております